ビットコイン、一時14万円下落 半減期前に100万円割る

10日のビットコイン市場は、大幅に値下がりして始まり、BTC価格の下げ幅は前日比で一時、14万円を超え、100万円を割り込んだ。

半減期を控える中、急ピッチな高騰で1万ドルに達したビットコイン市場であったが、売り注文が膨らんでいる。

午前10時10分現在、前日比11.6%安の93.36万円で取引されている。

急ピッチな価格高騰と、半減期後の不確定な仮想通貨マイナー動向を市場が嫌気した可能性がある。現時点で、下落に影響した関連ニュースは確認されていない。

ビットコイン半減期後には、実行ブロックから次回の難易度調整時期まで、平均ブロック生成速度で概算した場合、約6日間の警戒期間がある。ビットコインキャッシュと比較して難易度調整の期間が長いビットコインでは、マイナーの影響が市場に及ぼす影響が大きいため、警戒感も高まる。

ビットコインマーケットは、2日後の12日に半減期実行ブロックを迎える予定。9日までの価格高騰も影響して、大手マスメディア等からも報道が相次ぎ、GOOGLEトレンドなどの関心度も2016年の半減期(前回)と比較して、4倍水準まで検索数が膨らんでいた。

関連記事

  1. BraveブラウザのネイティブトークンBATが高騰、エンジンコインは一時50%高

  2. ビットコイン1万ドル回復の要素 ブルームバーグのアナリストが見解示す

  3. 米投資企業Wedbushが読む「今後数年間のビットコイン市場と採用展望」

  4. 仮想通貨イーサリアム、過去1年のパフォーマンスで大半のERC20トークンを上回る

  5. テスラ決済導入で一時反発もビットコイン大幅下落、マイナーは保有継続を示唆

  6. リップル(XRP)相場は1500%上昇!2017年再来をゴールドマンサックス元幹部が確信

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ