ビットコインのショートポジション活用法と資産運用のためのレバレッジ取引

ショートポジションやレバレッジ取引の活用法

日本の仮想通貨市場では、「現物取引」よりも取引量の約9割を占めるとされる「レバレッジ(証拠金)取引」が主流となっています。過去に国内では、FX(外国為替証拠金取引)が流行し、損失を被る投資家が急増したために規制強化の動きが続いたこともありました。

レバレッジ取引は、少ない資金で倍率をかけることで資金効率に秀でている一方、使い方を間違えると、あっという間に資産を全て溶かすことができるほどのリスクを内包しています。

ここでは、レバレッジ取引をどのように使うべきかを解説し、読んで頂いた皆様に「博打としてのレバレッジ取引」ではなく、「資産運用のためのレバレッジ取引」を行ってもらえるよう解説していきたいと思います。

レバレッジ取引とは

まずレバレッジ取引について解説します。レバレッジ取引とは、実際に入金している金額を「証拠金」として利用し、取引を数倍に膨らませて取引を行うことです。

レバレッジ取引は「信用取引」を含まれており現物を決済する取引も含まれています。一方でFX取引は「差金決済取引」で現物の受け渡しがないため、その違いを理解しておきましょう。

数倍の取引を行う場合でも、実際の損益は証拠金がある分しか損失は出せません。

レバレッジを4倍で取引を行った場合の損失を簡単に計算してみましょう。 1BTCが=100万円の時に証拠金を100万円入金して取引を行ったとします。現物取引であれば1BTCまでしか購入できませんが、レバレッジ取引であれば400万円まで取引可能です。

その後1BTCが75万円になったとします。

現物取引の場合は100万円-75万円=▲25万円が損失となりますが、4倍で取引したレバレッジ取引の場合は ▲25万円×4倍=100万円という結果になります。

つまり「全損」ということです。 (※計算例のためレバレッジ取引にかかるfunding rate等コストは計算対象外としています。また実際には証拠金維持率が定められているため実際には上記の変動前にストップロスが発動します。)

リスクが現物の4倍となっているということを最初は覚えておけばいいでしょう。

レバレッジ取引ではショートポジションを利用可能

次に現物取引ではできませんが、レバレッジ取引の場合に可能な取引をご紹介します。それは「仮装通貨を持っていなくてもショートポジションを構築できる」ということです。

ショートポジションとは相場の下落方向に賭けたい時に、先に仮想通貨を借りて(借りたようにして)市場で売却し、その後買い戻して、下落幅を利益として得る手法です。

FX取引の場合実際は原資産を借りておらず、イメージとして「借りたようにポジションを反映させて、買い戻しをした時に、発生した日本円(法定通貨)の変化分のみを決済する」ということになります。

資産運用のためのレバレッジ取引を利用するには

レバレッジ取引を行っている人は、実際に自分自身がどのくらいのリスクを取っているのか理解していない投資家やトレーダーが多いと感じます。そしてレバレッジ取引=「危ない」とか「博打」というイメージがついていくことになりかねませんが、実際は考えて利用すると大きな武器となります。

では、どのようにレバレッジ取引を利用していけばいいのでしょうか? シナリオ別に分けて解説したいと思います。

関連記事

  1. CoinGecko四半期レポート

  2. ビットコイン急落で全面安、仮想通貨相場に影響する複数要因を解説

  3. ビットコインハッシュレート、一時最高値付近 難易度調整受け急回復

  4. 【テクニカル講座】移動平均線とは?

  5. 連休明けのビットコイン動向は?

  6. ビットコイン100万円割れ NYダウ1800ドル安の裏で警戒すべき「マイニング問題」

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ