5/14 5:00-仮想通貨テクニカル

仮想通貨は上昇が続く

14日の仮想通貨市場は各通貨とも順調に価格を伸ばしている。今後もこのペースを落とすことなく上昇していくことに期待したい。では、それぞれの通貨を見ていこう。

ビットコイン(BTC)

14日5時現在のビットコインの価格は980,016円、前日同時刻比で+3.7%の上昇となっている。

ここまで堅調な推移を見せて価格を伸ばしているビットコインは、再び100万円台が見えてくる位置まで上昇することとなった。

13日7時台に94.2万円から上昇が始まると、10時台には96.1万円まで価格を伸ばした。

11時台からは下落に転じて16時台まで価格を落としたが、17時台からは再度上昇となった。

14日0時台まで上昇が続き、1時台から3時台まで価格を落とすことになったが、4時台には再び上昇を見せた。

まもなくレジスタンスラインであるブルーライン(99.6万円)に到達するので、そこで止まることなく100万円を突破する動きを期待したい。

リップル(XRP)

14日5時現在のリップルの価格は0.201ドル(21.48円)、前日同時刻比で+2.0%の上昇となっている。

レジスタンスラインであるレッドライン(0.196ドル:20.96円)を突破したリップルは、堅調な推移を見せて価格を伸ばしている。

13日0時台から下落が続くと6時台にはレッドラインを割り込む動きを見せた。

しかし、7時台には再びレッドラインを突破して11時台まで価格を伸ばした。

12時台からは下落に転じて16時台には再びレッドライン付近まで価格を落としたが、17時台からは上昇することとなった。

その後は一時的な下落はあるものの上昇が続いているため、この調子を維持して価格を伸ばしていくことに期待したい。

イーサリアム(ETH)

14日5時現在のイーサリアムの価格は197.14ドル(21,068円)、前日同時刻比で+3.8%の上昇となっている。

ここまで堅調な推移を見せていたイーサリアムは、上昇が続いてレジスタンスラインである水色ライン(195ドル:20,934円)を突破することに成功した。

13日7時台から上昇が始まると、11時台で上昇が止まって12時台からは緩やかな下落が始まった。

17時台には再び上昇に転じると、右肩上がりの推移を見せて23時台に水色ラインを突破することに成功した。

その後は14日1時台から3時台まで下落したものの、4時台には上昇に転じた。

次のレジスタンスラインは黄緑ライン(213ドル:22,807円)でやや遠い位置になるが、上昇を続けてこのラインも突破することに期待したい。

関連記事

  1. ビットコイン1万ドル回復の要素 ブルームバーグのアナリストが見解示す

  2. ビットコイン、アフリカで需要急増 自国経済の悪化や通貨安で

  3. 仮想通貨ネムやSymbolの普及に貢献 コミュニティプラットフォーム「NEM HUB」が正式にローンチ

  4. バイナンス、仮想通貨特化のヘッジファンドに出資

  5. ビットコインの半減期まで1日 24時間のカウントダウン開始

  6. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ