仮想通貨テクニカル分析 || 日足とRSIの関係に注目

上記のテクニカルチャートの下部分に赤い丸をつけている部分、RSIという指標に注目してもらいたい。

RSIとは、テクニカルチャートのひとつで、「Relative Strength Index」の頭文字をとった略語です。日本語に訳すと「相対力指数」になります。要するに、買われすぎか、売られすぎかを判断するための指標として利用されています。
RSIは、過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計を足した数字で割って、100を掛けたものです。いくら値上がり、値下がりしたかはRSIでは判断できません。数値は0~100で表され、一般的に70~80%以上で買われすぎ、20~30%以下で売られすぎと判断されます。

RSI20に入ってきたらポジション形成か

日足でのRSIとの相関関係は比較的高いため、慎重にポジションを取りたい人は参考にしてみてはいかがでしょうか?

もちろんトレンドラインを引いたり、レジスタンス(サポート)ラインをブレークしたりすると、大きくトレンド転換が起こるので、注意しながらあくまで指標の一つとして参考にしましょう。

関連記事

  1. 仮想通貨テクニカル分析 || 方向感なく横ばいの動き。下落に注意。

  2. 【速報】ビットコイン3度目の半減期 実行ブロックに到達

  3. 5/8 24:00現在、ビットコインのテクニカル分析

  4. 株式市場と仮想通貨の相関関係は?

  5. ビットコイン高騰で過去最高値更新、テスラ社のBTC購入報道受け

  6. CoinGecko四半期レポート

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ