CoinMarketCap、仮想通貨取引所の評価システムに新たなアルゴリズムを導入

CoinMarketCapが新アルゴリズムを導入

仮想通貨時価総額や取引所出来高ランキングを提供する大手ベンチマークサイト コインマーケットキャップ(CMC)は、取引所ランキングにおける新たなアルゴリズムを公表した。

このアップデートで、以前に利用されていたデフォルトのランキングシステム「Web Traffic Factor」の改善を行った格好だ。

Web Traffic Factorでは、ページの閲覧数やユニーク訪問者数、サイト滞在時間などの要素などを用いて、取引所利用者のアクティビティを解析し、結果を算出する仕組みをとっている。

今回導入された新アルゴリズムでは、このWeb Traffic Factorにさらなる手を加え、通貨ペアのランキングから割り出される「コンフィデンス・スコア」などの指標を用いた評価基準が加えられている。

具体的には、取引所の通貨ペアの流動性スコアや取引高スコアなどを利用し、コンフィデンス・スコアが導き出されるとしている。

CMCが公表したブログ内の文書では、「今回のアップデートは取引所ランキングの修正の第一フェーズであり、今後数か月はこの新ランキングシステムが柱となっていくだろう」と綴られており、今後さらなる改善を図っていくものと考えられる。

世界最大手取引所バイナンスが4月にCMCの買収を行ったが、その直後、仮想通貨取引所のランキングシステムの修正に取り組み、バイナンスがその順位を一位につけていた。

この点に関して、コミュニティの一部から批判的な声が上がっていたことから、今回のアップデートが批判に応じたものではないかとの憶測が散見されている。

しかし、CMCの代表を務めるCarylyne Chanは、「以前から上がるバイナンスへの批判は今回のアップデートに繋がったものではない」とした上で、アジャイル開発的な手法で、取引所ランキングシステムの改善を行っていると説明した。

関連記事

  1. AP通信、米大統領選の投票結果にイーサリアムとEOSブロックチェーンを活用

  2. ビットコイン、手数料高騰 半減期受け

  3. 1月暴落との相違点、大手ビットコインマイナー(採掘業者)売りは限定的か

  4. BraveブラウザのネイティブトークンBATが高騰、エンジンコインは一時50%高

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

  6. 仮想通貨関連企業Crypto.com、「Defi Swap」を発表

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ