新たなビットコイン投資信託、米ファンドがSECに申請

Wilshire Phoenixの新たな申請

米ファンド企業Wilshire Phoenixが証券取引委員会(SEC)に、ビットコインの投資信託を新たに申請していることがわかった。

SECに提出された書類によると、投資信託の名前は「BITCOIN COMMODITY TRUST(BCT)」で、現物のビットコインを裏付け資産とする。価格の指標は、大手デリバティブ取引所CMEが提供する指数「BRR」を使用。BRRはCMEのビットコイン先物にも使われている、複数の主要仮想通貨取引所におけるビットコインの値動きを取り入れた指数だ。

この投信は、大手グレースケールが販売するGBTCに類似し、OTC市場「OTCQX Best Marketplace」で株式のように取引されることを目指すという。しかし、GBTCでは高いプレミアム(原資産との価格乖離)が発生しており、投資家が年間2%のビットコインカストディ費用を払っているが、BCTのほうでは、0.9%に留まるという。

また、カストディにおいて、Wilshire Phoenixは金融大手フィデリティの仮想通貨子会社FDAが提供するカストディサービスを利用する予定だ。

Wilshire Phoenixといえば、以前ビットコインETFの申請を試みたが、VanEckやその他の企業の試しと同じようにSECに非承認された経緯がある。しかし、ビットコインの投資信託では、2015年にGBTCがSECによって承認された先例があるため、承認プロセスがビットコインETFより比較的にハードルが低いとみられる。

参考:SEC

関連記事

  1. 全米で仮想通貨ビットコインのテレビCMが放映開始

  2. EnjinとMicrosoftが連携マイクラとコラボで女性の活躍記念するNFT配布

  3. モルガン・スタンレー、ビットコイン投資を検討か=報道

  4. BraveブラウザのネイティブトークンBATが高騰、エンジンコインは一時50%高

  5. 個人投資家の仮想通貨取引を制限する香港規制案に「待った」 業界団体GDFが懸念表明

  6. 1月暴落との相違点、大手ビットコインマイナー(採掘業者)売りは限定的か

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ