ビットコイン100万円割れ NYダウ1800ドル安の裏で警戒すべき「マイニング問題」

ビットコイン100万円割れ

新型コロナウイルスの感染拡大と景気回復の遅れに懸念が強まるなか、株式や、原油価格などの下落が加速している。その下げ圧力は、ビットコインなどの仮想通貨市場にも波及した。

ダウ工業株30種平均は6月12日、一時1900ドルを超える下げ幅で、前日比1861ドル82セント安の2万5128ドル17セントで引けた。ビットコインは前日から8万円以上下落し、100万円を割った。100万円を下回るのは2週間ぶりで、ビットコイン以外の仮想通貨も軒並み5%以上落ち込んだ。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が景気の先行きに慎重な見方を示したことで、アメリカ経済のV字回復期待が後退した。米国では、米南部テキサス州では1日あたりの新規感染者数が過去最大を記録(10日)したほか、全米の感染者数も200万人に到達。感染の広がりが数字で示される中で、感染「第2波」の影響も経済回復が遅れるとの懸念を招いている。

実体経済や企業業績との乖離が指摘されるなか、伝統金融市場では過去前例のない規模の金融緩和や財政支出などの経済政策が、昨今の株価上昇の原動力となり、「コロナバブル」の様相を呈しており、過熱感も否めない。コロナ禍における産業構造の変化も、株価の見通しを不透明にする要因になり得る。

一方、ビットコイン市場への影響は、コロナ感染が株価に影響した3月に、大幅な連れ安をした実績がある。追証回避売りや現金需要が急速に高まりパニック売りが発生。安全資産とされる金(ゴールド)や米国債のほか、オルタナティブ資産に分類されるビットコインも大きく売られた。

関連記事

  1. 仮想通貨テクニカル分析 || RSIで過熱感に注目

  2. イーサリアムが最も使用されているブロックチェーンに、決済額でビットコインを追い抜く

  3. 5/8 24:00現在、ビットコインのテクニカル分析

  4. 今更聞けない?半減期って何?

  5. 5/14 5:00-仮想通貨テクニカル

  6. 【テクニカル講座】トレンドラインとは?

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ