米CMEビットコイン先物、「窓」確定

CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物で、週末の変動幅を織り込んだ「窓(ギャップ)」が確定した。先週末の終値9,185ドル(983,474円)に対し、始値が9,200ドル(985,080円)となり、15ドルの窓(ギャップ)で取引が開始した。

USD:9000ドル台、JPY:100万円前後のレンジ相場で推移するビットコインは、1ヶ月に渡ってボラティリティが低い推移が続いている。米国時間金曜日(日本時間土曜日)に大幅変動することが多かった週末のビットコイン相場も週明けにかけて変動せず、窓価格への影響も限定的だ。

CMEの窓は、6月1日:35ドル、6月8日:10ドル、15日:135ドル、22日:10ドル、29日:75ドル、7月6日:25ドル、13日:15ドル、今回:15ドルと低ボラティリティの推移が続く。

過去3番目の低ボラティリティ期間

ビットコイン市場では、1日の騰落率が「±5%」に留まる期間が26日と、過去3番目に長い低ボラティリティ期間に達している。他の金融市場と比較して平均的なボラティリティ(価格変動)が高い仮想通貨市場で、ここまで低い騰落率が続くことは珍しい。

関連記事

  1. 5/14 5:00-仮想通貨テクニカル

  2. ビットコインの半減期まで1日 24時間のカウントダウン開始

  3. ビットコイン暴落、100万円を大幅に割り込む

  4. CoinGecko四半期レポート

  5. 株式市場と仮想通貨の相関関係は?

  6. 5/8 24:00現在、ビットコインのテクニカル分析

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ