仮想通貨取引所LMAXが急成長

仮想通貨取引所であるLMAX Digitalは、2020年上半期でビットコインとイーサリアムの取引量が106%増加した。

これは同通貨に対して機関投資家の関心が記録的な水準まで高まったことを示している。

ビットコインとイーサリアムへの投資家の関心が高まる

LMAXグループは、同社の仮想通貨取引所であるLMAX Digitalの成長に関する数字を明らかにした。

プレスリリースによると、同社は2020年上半期にビットコインとイーサリアムの取引量が106%増加した。

これは360億ドルという記録的な取引量に相当する。

LMAXグループはまた、アメリカでの取引量が大幅に増加したことを報告している。

2019年上半期と比較すると取引高は約165%増加しており、取引所では記録的な数の顧客を得たとのことだ。

これらの事実は、ビットコインとイーサリアムに対する機関投資家の関心が記録的なレベルに達したことを示している。

プレスリリースによると、LMAX Digitalはアメリカ、ヨーロッパ、アジアにある200以上の大規模な機関とグローバルに協力しているとのことだ。

同社のCEOであるDavid Mercer氏は次のように述べた。

世界中の大手機関投資家の新規取引が増加し、既存の取引関係が深まっている。これは、取引所で提供する流動性とクオリティに起因している。LMAX Digitalがローンチしてから2年間で主要な仮想通貨取引所となり、主要な価格発見場所としての地位を確保した。

LMAXグループは今年第1四半期に、コロナウイルスの影響があったにも関わらず、同取引所の取引高を41%増加させ、200億ドルに達した。

David Mercer氏は仮想通貨の取引量の増加について次のようにも述べている。

我々は仮想通貨、特にビットコインの弾力性に感銘を受けており、中央銀行の介入を受けて極度の不安定性を示している他の資産クラスと比較して、ビットコインらが比較的安定していることに留意する。これは、投資家が仮想通貨により多くの価値を置き始めており、ボラティリティの急激な上昇を通じて取引を続けることを示す明るい兆候と考えている。

注目を集めているビットコインとイーサリアムの動きにますます注目だ。

関連記事

  1. 高騰続くバイナンスコイン(BNB)100$の大台突破仮想通貨市場の循環物色が顕著に

  2. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ 5万ドル水準迫る

  3. 仮想通貨テクニカル分析 || 日足とRSIの関係に注目

  4. バイナンス、仮想通貨特化のヘッジファンドに出資

  5. メルカリが仮想通貨に参入、「メルコイン」設立を発表

  6. イーサリアムが最も使用されているブロックチェーンに、決済額でビットコインを追い抜く

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ