米決済大手PayPalが仮想通貨事業参入、ビットライセンス有するPaxosと提携か

PayPalとPaxosが提携か

大手決済企業PayPalが独自の仮想通貨サービスを開始するため、ニューヨーク州金融当局(NYDFS)の認可(ビットライセンス)を有するステーブルコイン発行企業Paxosと提携した。

coindeskが20日、関係者2人の情報として報じた。提携内容は早ければ今週中にも発表される可能性がある。

ペイパルの仮想通貨事業参入計画が最初に明らかになったのは先月のことだ。同社は、3月に欧州委員会に書簡で仮想通貨事業への参画を計画中であることを伝え、その内容が委員会によって6月に公表された。

なおPaxosは先週、フィンテック企業Revolut USを最初のクライアントとして新たなサービス「Crypto Brokerage」を導入している。

このAPIベースの仲介サービスは、Paxos側が規制や技術的な課題をすべて処理してくれるため、フィンテック企業が自社のアプリケーションのフロントエンドを作るだけで仮想通貨の売買、保有、送信機能を統合することができる。

Paxos CEOのCharles Cascarilla氏は最近、同社のCrypto Brokerageが仮想通貨の普及に向けた「大きな転換点」になる可能性があると述べた。

「Paxosは新規顧客の需要を満たすために独自の内部取引所itBitを拡大する準備もしている」とCascarilla氏は語った。

関連記事

  1. 5/18 10:00-テクニカル分析

  2. 米フェイスブック主導の仮想通貨ディエム、年内に試験運用開始か=報道

  3. NFT市場拡大に伴いEnjin最高更新、中国企業の好材料でBTCとETHも買われる

  4. 米バイデン政権の給付金、2兆円超がビットコイン購入に流入の可能性=みずほ証券調査

  5. イーサリアム2.0のローンチ、2021年に持ち越しの可能性も

  6. イーサリアム20万円の大台回復、「強気相場」再開に4つの背景

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ