仮想通貨関連企業Crypto.com、「Defi Swap」を発表

Defi Swap

暗号通貨(仮想通貨)決済サービスを提供するCrypto.comがサービスを予定するDefi(分散型金融)プラットフォーム「Defi Swap」のホワイトペーパーを発表した。DeFiトークンの交換及びイールド・ファーミングを行う最適な場を提供することがその目的としているという。

金曜日に公表したホワイトペーパーによれば、Defi Swapは分散型取引所Uniswapのフォーク版とし、イールドファーミングと同様な機能を提供する集権型取引所となっている。

イールドファーミングとは、需給バランスによって常に変化する利率に応じて流動性の提供先を変え、最も大きなリターンを得る取り組みのこと。

流動性マイニングはイールドファーミングを行う人達を惹き付けるために、流動性提供の対価として利息の他にガバナンストークン(ガバナンスへの参加権を表現するトークン)が付与されることを指す。

Defi SwapがUniswapと異なる点は、トークンの選択肢や地理的制限やCrypto.comのネイティブトークンであるCRO(Crypto.com Coin)を利用したインセンティブ設計にあるという。

例えば、CROトークンを同プラットフォームにステークする利用者は報酬として、毎日、CROトークンが配当される。ステーク量が増加すればするほど、利回りも増加すると説明されている。

ステーキングの最低量は1,000CROからで、ユーザーはステーキング期間を1年から4年の間で選択することが可能だ。発生した利回りは、ガス代を支払い請求することもできる。

またコンプライアンスや個人情報保護、セキュリティなどの観点から、IPアドレスに基づき、米国や中国などからのアクセスを制限する措置も取られる。

さらに、無制限にトークンに対応するUniswapとは対照的に、Crypto.comがサポートする資産のみ資金のプールを行うことが可能となっている。

現在、サポートが予定されている銘柄は以下の7つだ。

  • WETH
  • USDT
  • USDC
  • DAI
  • LINK
  • COMP
  • CRO

Crypto.comのCEOを務めるKris Marszalekによれば、現在、同社はエコシステム全体を構築している最中で、Defiプロダクトは、そのロードマップにおいて重要な役割を占めると話す。

先日、最大手仮想通貨取引所バイナンスも、「Binance Liquid Swap(BSwap)」という分散型取引所をローンチした。大手プラットフォームは相次いでDeFi領域に本格的に参入しつつある状況だ。

関連記事

  1. ビットコイン、デジタル金への進化「実データでも」 米株式市場との相関性が大きく低下

  2. 仮想通貨決済にDeFi活用 大手Visaがクレカ発行許可

  3. CoinMarketCap、仮想通貨取引所の評価システムに新たなアルゴリズムを導入

  4. G20「デジタル通貨」を事実上容認へ

  5. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

  6. NFT市場拡大に伴いEnjin最高更新、中国企業の好材料でBTCとETHも買われる

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ