AP通信、米大統領選の投票結果にイーサリアムとEOSブロックチェーンを活用

大統領選の結果記録にブロックチェーン

世界的通信大手のAP通信が今年の米国総選挙の結果記録でイーサリアムとEOSのブロックチェーンも活用することがわかった。

2020年の大統領選および連邦議会の選挙は米時間3日に開始、今も全州での投票が続いている。

AP通信では、通常の投票結果配信に加え、信頼できる国および州ごとの投票結果の収集や配信にブロックチェーンを用いて、各州で選挙結果を記録し配信するシステムを運用する政府部門や個別団体の開発者に向けた新たな独自APIの提供を行う。

ブロックチェーンを活用した投票結果APIでは、OSのブロックチェーンを利用するウィキペディアのフォーク版サイト「Everipedia」の「OraQle」ソフトウェア(オラクルツール)を利用し、選挙の結果を認証。結果の発表をイーサリアムとEOSブロックチェーンのアカウントで配信する。

AP通信のAPIを利用する開発者は、各スマートコントラクトを利用することが可能で、自社サービスへの連動にも幅を持たせる。今回の利用例については、AP通信は自社のサイトで配信情報の取得方法や、各ブロックチェーンアカウントを掲載している。

関連記事

  1. 国連ブロックチェーン専門家、低金利とデジタル通貨普及で銀行口座が不要となる可能性を指摘

  2. 1000億円相当の巨額ビットコイン送金 「51円」の手数料が話題に

  3. 米金融大手JPモルガン、仮想通貨取引所に銀行サービス提供か=WSJ報道

  4. リップル社と提携の米マネーグラムコロナ対策で1Qのデジタル取引が急成長

  5. フランク・ミュラー「世界初の機能的なビットコインウォッチ」を発売

  6. 米デリバティブ取引所LedgerX、新たなビットコイン恐怖指数を発表

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ