ゴールドマンサックス、ビットコイン先物取引を再開へ=報道

ゴールドマンサックスが再参入か

米大手投資銀行ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の先物取引の再開を計画している。ロイターが情報筋の内容として報じた。

報道によると、ゴールドマンサックスは3月中旬にビットコインを対象としたトレーディングデスクを再開する。TheBlockなどの情報によると、未だクライアントからの需要が低いため、現物ビットコインの取引は現時点取り扱わない方針で、まずはビットコイン先物取引の対象とする。

既存のカストディ企業と提携し、所在国にビットコインの保管•管理業務を提供するサブカストディアンもを検討しているという。

ゴールドマンサックスが初めてビットコインのトレーディングデスクを立ち上げたのは2018年。当時先渡し先物の清算機関および取引サービスを提供していたが、後に中止した経緯がある。(理由は明かされていない)

直近では、既存の金融業界から仮想通貨市場に参入するニュースが散見される。世界最大手の信託銀行であるバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNY Mellon)が年内にビットコインやその他の仮想通貨のカストディサービスを開始する予定や、ドイツ銀行(Deutsche Bank)の仮想通貨カストディとブローカー事業計画はその一例だ。

関連記事

  1. 米ナスダック上場企業、資産戦略でビットコインを買い増す方針

  2. 仮想通貨テクニカル分析 || 日足とRSIの関係に注目

  3. ビットコイン高騰で過去最高値更新、テスラ社のBTC購入報道受け

  4. BraveブラウザのネイティブトークンBATが高騰、エンジンコインは一時50%高

  5. リブラが方針転換法定通貨と連動したステーブルコイン導入へ

  6. 「順調な進捗を示唆」イーサリアム開発コアメンバー、2.0ローンチは年内見込みと回答

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ