バイナンス、仮想通貨特化のヘッジファンドに出資

仮想通貨特化のヘッジファンドに出資

大手暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するバイナンスは2日、仮想通貨に特化したヘッジファンド「Multicoin Capital社」に戦略的投資を行ったことを発表した。

バイナンスは有限責任の「リミテッド・パートナー」としてこれから協業し、主に開発初期段階のブロックチェーンプロジェクトを見つけて出資を行うと説明。ブロックチェーン技術の開発や市場拡大など、新たな事業機会を探っていくとしている。バイナンスがヘッジファンドに投資するような事例は今回が初めてだという。

Multicoin Capital社は2017年5月設立の米投資企業。バイナンスは同社について「仮想通貨業界を引っ張っている投資企業であり、専門的な知識や技術があることで知られている。綿密なリサーチや分析を行なっており、独自性も高い」とコメント。

バイナンスのChangpeng Zhao最高経営責任者(通称:CZ)は「Multicoin Capital社は新しいプロジェクトを発見したり、市場に影響を与えるような技術を見抜く鋭い目を養ってきた」と評価。「ビットコイン(BTC)以外の新たな資産に対する知識も持っている」としている。

リミテッド・パートナーにはRibbit CapitalとUnion Square Venturesのような企業も参加。また米大手ベンチャーキャピタル「Andreessen Horowitz(a16z)」の共同創設者Marc Andreessen氏や、米決済大手PayPalの最初の最高執行責任者(COO)であるDavid Sacks氏らの個人投資家も加わっている。

一方、出資金額などの詳しい条件は明らかにしていない。

バイナンスの出資事例

バイナンスは今まで、ファンド部門「Binance Labs」を通してプロジェクトに出資を行ってきた。

先月には日本発のパブリックブロックチェーン「Plasm Network」の開発を主導するステイクテクノロジーズが、バイナンスをリード投資家にして総額で約2.5億円の資金調達を行なったことを発表している。

ステイクテクノロジーズは「日本はパブリックブロックチェーンの領域で大きな遅れをとっている」と指摘。「次世代の中核技術となるパブリックブロックチェーンにおいて、グローバルのトッププレイヤーを巻き込みながら、今後一層結果を出すために今回の資金調達を行なった」と説明した。

関連記事

  1. ビットコイン1万ドル回復の要素 ブルームバーグのアナリストが見解示す

  2. NFT市場拡大に伴いEnjin最高更新、中国企業の好材料でBTCとETHも買われる

  3. 欧州でも:上場企業のビットコイン購入事例続く

  4. 米決済大手PayPalが仮想通貨事業参入、ビットライセンス有するPaxosと提携か

  5. bitFlyerにて仮想通貨「BAT」のキャッシュバックキャンペーンが開催中

  6. 5/19 9:00-テクニカル分析

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ