三井住友信託銀行、まもなく国内初のデジタル証券発行か

三井住友信託銀行が月内にも、制度化後の国内初となるデジタル証券(セキュリティトークン=ST)を発行することが分かった。

ブロックチェーン技術を使い、資産担保証券(ABS)でクレジットカードの債権を裏付けにしたSTを販売する。個人投資家向けの販売も視野に入れるという。

今回の三井住友信託銀行が開発したST同様に、証券化商品は流動性が低いことから、販売は大口顧客に限られていたが、ブロックチェーンを使うことで、小規模な債権をまとめ、所有権の分割が可能になる。また従来よりも管理の手間も減る利点がある。

日経新聞によると、格付投資情報センター(R&I)から最上位の短期格付けを取得し、特定の投資家に販売。今後、個人販売の可能性を探るという。

日本ではSTの動きが加速している。

今月26日にはSBI証券がSTを取り扱うための変更登録を国内で初めて完了させたと発表。「デジタル化された社債等のSTOを、個人のお客様向けに広く提供していくことが可能」になるとしている。

関連記事

  1. リップル社と提携の米マネーグラムコロナ対策で1Qのデジタル取引が急成長

  2. 「仮想通貨決済サービスは年内に開始予定」──米PayPal、2021年の計画を発表

  3. ビットコイン1万ドル回復の要素 ブルームバーグのアナリストが見解示す

  4. 次世代イーサリアムいよいよ最終テストへ、バリデータ向け「ローンチパッド」をリリース

  5. モルガン・スタンレー、ビットコイン投資を検討か=報道

  6. ZOZO創業者の前澤友作氏、第2の創業で仮想通貨取引所関係者らと「電子決済関連事業」

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ