著名資産家レイ・ダリオ氏、ビットコイン保有の事実を明かす

レイ・ダリオ氏がビットコインを保有

世界最大手ヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエーツ」の創業者で、著名投資家のレイ・ダリオ氏が、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を保有していることを明かした。

この発言を収めたインタビューは今月6日に収録されたもので、24日から始まった米メディア「CoinDesk」主催のカンファレンス「コンセンサス」で公開されている。ダリオ氏は「インフレの局面では、債券よりもビットコインを保有することを好む」と語ったが、ビットコインの購入時期や保有量には言及していない。

レイ・ダリオ氏は世界最大級の機関投資家向けヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエイツ」を1975年に設立した有名投資家。リスクパリティや為替オーバーレイなどの運用手法を考案しており、ダリオ氏の投資理念を実践する同ヘッジファンドは、通算で過去最高となる5.4兆円相当の利益を投資家にもたらしたとされる。過去には仮想通貨に対して懐疑的な見方を示していたダリオ氏だが、昨年11月ごろからビットコイン対する理解を深めたいという姿勢を見せ始めた。

今回のインタビューでは、自身でビットコインを保有していることは、自主的に明かしたという。これから1971年の水準まで米ドルの価値が下がるとの見方を示し、インフレ局面が訪れると予想。また中国が、世界の準備通貨である米ドルの立場を脅かす可能性もあるとし、このような環境では価値の保存手段として、ビットコインの需要が高まるとの見解を示した。

一方でダリオ氏は、以前と同様に、政府による取り締まりのリスクがあることに懸念を示したという。「国家の金融システムへの影響を恐れた政府が、ビットコイン保有者に対し規制を強化することも考えられる」とした。

ビットコインは需要が高まり、価格が上がるにつれて、金融システムへ与える影響も大きくなる。ダリオ氏は「ビットコイン最大のリスクは、ビットコイン自身の成功だ」と指摘した。

関連記事

  1. マネックス松本会長「コロナ対策の資産インフレが起これば、ビットコインへ資金流入も」

  2. 仮想通貨、今購入するなら? 米コインベース社員108名が回答

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

  4. 高騰続くバイナンスコイン(BNB)100$の大台突破仮想通貨市場の循環物色が顕著に

  5. ビットコイン、手数料高騰 半減期受け

  6. 仮想通貨イーサリアム、過去1年のパフォーマンスで大半のERC20トークンを上回る

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ