バイナンス、シンガポールで関連サービスを停止へ

シンガポールでも関連サービス停止

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは5日、シンガポールでサービスを停止することを発表した。

停止するサービスの対象は、シンガポールの法定通貨「SGD」の取引ペア、SGDのペイメントオプション、およびシンガポールのiOSとGoogle Playのストアにおけるアプリ対応だ。

また、Binance P2PにおけるSGD取引ペアの廃止日は9月10日(現地時間12:00PM)で、9月9日(現地時間12:00PM)までにユーザーがP2P取引を終えることを推薦。停止の方針について、バイナンスは「各地での規制対応を再検討している」とした。

今年の4月から、バイナンスは複数国の規制機関から警告やサービス停止措置の要求を受けている。シンガポールにおいては、シンガポールの中央銀行がbinance.comを「警告リスト(未登録業者)」に追加したことが9月2日に判明した経緯がある。

また、関連サービスの停止措置が実施されている国(および予定対象国)には、イタリアやドイツ、香港、ブラジル、ノルウェーなども含まれている。

関連記事

  1. マスターカード、仮想通貨企業のサポートを拡充 決済の多様化実現へ

  2. 仮想通貨ネムの新チェーンSymbol(シンボル)、ローンチ予定日が急遽延期

  3. 三井住友信託銀行、まもなく国内初のデジタル証券発行か

  4. 欧州でも:上場企業のビットコイン購入事例続く

  5. 連休明けの日経平均、上値重い展開 経済再開へ期待も

  6. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ