中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

機関投資家は先週、中国発のFUD(恐怖・不確実性・疑念)を背景に暗号資産商品への投資を進めていたようだ。

コインシェアーズの9月27日付ウィークリーレポートによると、仮想通貨投資商品への流入は9500万ドルにのぼり、6週連続での流入となった。

これは前週比126%増の流入増加となった。ビットコイン投資商品には5020万ドル、イーサリアム投資商品には2890万ドルの流入となり、大きな割合を占めた。

BTC投資商品は過去17週間のうち13週で流出となっていたが、過去3週間で流入が続いた。ビットコイン投資商品への流入は前週比で234%増加した。

ソラナ(SOL)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)関連の商品は、それぞれ390万ドル、260万ドル、240万ドルの流入を記録。アルトコインへの機関投資家の需要は依然として強いようだ。マルチアセット型のファンドも640万ドルの流入となっている。

9月24日、中国人民銀行はすべての仮想通貨取引を禁止とする声明を発表した。これによりビットコイン価格は8%下落し、仮想通貨市場全体が急落した。

中国当局によるFUDは歴史的に仮想通貨市場に影響を与えてきたが、過去には発表から数か月後には最高値を更新するケースもあった。2017年9月にも中国政府は、仮想通貨取引所を禁止すると発表したが、その後BTCは4000ドルから2万ドルまでの上昇をみせた。

関連記事

  1. 米バイデン政権の給付金、2兆円超がビットコイン購入に流入の可能性=みずほ証券調査

  2. モルガン・スタンレー、ビットコイン投資を検討か=報道

  3. SBIHDと三井住友FGが資本業務提携しブロックチェーンスタートアップなどへの投資を目的とした1,000億円規模のファンド設立へ

  4. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復で強気トレンド回帰なるか

  5. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ 5万ドル水準迫る

  6. bitFlyer、仮想通貨NEM(ネム)とXLM(ステラ)の取扱い開始

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ