リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド立ち上げ

リップル・ラボは、XRPレッジャー(XRPL)で非代替性トークン(NFT)の新しいユースケース開発を支援するためのファンドを立ち上げた。

29日の発表によれば、このファンドの資金は2億5000万ドルにのぼり、NFTによる仮想通貨での採用加速につなげる狙いだ。リップルは、使いにくいユーザーエクスペリエンスや高額な取引手数料、環境への負荷といったNFT作成に関する問題に対処したいと述べている。

「NFTはトークン化の未来を具体化し、メインストリームがそれを受け入れるための転換点になると私たちは考えている」と、リップルは述べている。「クリエイターファンドとXRPLを通じて、NFTの新しいユーティリティを解き放ち、トークン化への移行を加速できることを嬉しく思う」としている。

リップルによると、MintNFTやMintableなどのNFTマーケットプレイスやクリエイティブエージェンシーが、このファンドにアクセスできるようになるとのことだ。提案されたNFTのユースケースは、XRPレッジャーをベースに構築され、クリエイターに作品を収益化する機会を提供するという。

Mintableは今年7月、NFTにシームレスなエクスペリエンスを提供するため、XRPレッジャーとの統合を計画していると発表した。​​​​リップルは当時の発表で、XRPLがカーボンニュートラルなネットワークであると主張し、「その環境に優しい属性により、何十億ものNFTを持続可能な方法でXRPLで作成し、購入し、転送することができる」と述べていた。

関連記事

  1. ビットコイン高騰で過去最高値更新、テスラ社のBTC購入報道受け

  2. 株式急落の余波でBTCなど仮想通貨市場大幅下落リップルが一時10%反騰する場面も

  3. ビットコイン暴落で仮想通貨相場がクラッシュ、コインベースのクジラは「買い集め」を示唆

  4. メルカリが仮想通貨に参入、「メルコイン」設立を発表

  5. bitFlyerにて仮想通貨「BAT」のキャッシュバックキャンペーンが開催中

  6. 米送金大手Western Union、リップル社出資のマネーグラムを買収か=ブルームバーグ報道

  1. 日米株式市場荒れ模様の中、ビットコインなど仮想通貨市場に力強さ…

    2021.10.07

  2. シンボル(XYM)前日比+50%超の高騰 国内大手bitbankの取り扱い開…

    2021.10.06

  3. リップル、NFTクリエイターを支援するため2億5000万ドルのファンド…

    2021.09.30

  4. 中国発のFUDでも、機関投資家向け仮想通貨投資商品では資金流入増加

    2021.09.28

  5. 中国恒大集団の債務危機、ビットコイン投資の機会か? 専門家でも意…

    2021.09.22

  1. 大幅続伸のイーサリアムが新高値1700ドル、ビットコイン400万円回復…

    2021.02.05

  2. 仮想通貨のヘッジファンドがDeFiに注目 他企業と利益に大きな差=…

    2020.11.02

  3. JPモルガンの「JPMコイン」利用開始、仮想通貨カストディも視野に

    2020.10.28

  4. アリババ創業者ジャック・マー「デジタル通貨」の可能性を語る=ブ…

    2020.10.27

  5. LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始

    2020.08.05

アーカイブ